投資マンションを高値で売却する法則を探れ

定期収入を得る方法

模型とお金

定期収入を得るために、収益物件を活用する人が増えてきています。大阪にも収益物件を取り扱っている不動産会社があるので、相談してみましょう。立地条件を重視し、住みやすい環境のところを探します。また、全戸に入居してもらえるような工夫も必要です。

家賃保証で安心できる経営

一軒家

マンション経営においてのリスクは空室が出ることです。家賃収入が減るからです。空室が出た時の家賃保証をする制度をサブリースといいます。オーナーが管理会社と契約を結びますが、家賃収入総額の10から20パーセントを支払います。収入の総額は減りますが、空室が出る心配をしなくてよいので安心して経営できます。

仲介と買取が可能

マンション

投資用のマンションを売却すると場合、不動産会社を利用することになります。この投資マンションの売却には仲介と買取とふたつの方法があります。仲介とは、不動産会社に投資マンションの売却を依頼する方法です。仲介を引き受けた不動産会社は、広告を掲載したり、会社が持っているネットワークを使って買い手を探します。投資マンションのオーナーは成約後、会社側に仲介手数料を支払います。買取とは、物件の買い手を探してもらうのではなく、直接物件を不動産会社に買い取ってもらう方法です。オーナー自らが、不動産会社に投資マンションの買取を依頼します。こちらは、不動産会社が直接マンションを買い取る形になるので、仲介手数料は発生しません。

投資マンションの売却方法には、仲介と買取があります。この仲介と買取にはそれぞれメリットがあります。仲介のメリットは高く物件が売れるというところです。一般的に仲介は、物件が高く売れる傾向にあります。市場で物件が取引されるので、適正な価格へと収斂していきます。また、不動産会社は仲介手数料が収益となるため営業努力をしてくれます。投資マンションを少しでも高く売りたい人は、仲介を利用すると良いでしょう。対して、買取は、売却に時間がかからりません。買い手が不動産会社であるため、買い手を探す必要がないからです。また、不動産会社が買い手なので、すぐに現金が手元に入ります。家の内覧会なども開く必要もありません。投資マンションを時間をかけずに売却したい人におすすめの方法です。

少額から不動産投資

PC操作

みんなで大家さんで出資して賃貸経営に参加する事で少額からでも賃貸経営が始められます。また通常の賃貸経営と違って一定額までなら元本が守られるので投資リスクが少ないメリットがあるので、初めて不動産投資をする人でも出資しやすいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加