投資マンションを高値で売却する法則を探れ

家賃保証で安心できる経営

一軒家

賃貸経営のリスクは空室

サブリースとはマンション経営する場合の家賃保証制度のことです。マンション経営というのは入居者の家賃収入で成り立っています。入居者が部屋を出て空室になると家賃収入は減ります。この空室になった時の家賃を保証するのがサブリースです。どのような場合に効果的かというと、複数の空室が出た場合です。時期によって入居者がたくさん出ることがあります。例えば2月や3月は新年度前で学生やサラリーマンの移動が増える時期です。このような時にサブリース契約をしておくと家賃が保証されるので安心してマンション経営ができます。多くの場合、マンション管理会社と契約をします。建物の保守管理や住民トラブルへの対処などと同時に、家賃保証もしてくれるのです。

建物の維持管理も含まれる

マンション経営は戸数が多いのでオーナーが1人で管理はできないのです。そこで専門の管理会社に委託するわけです。サブリース契約を結ぶのは、安定した家賃収入を得るためです。ただし家賃収入の10から20パーセントは管理会社の取り分になります。また礼金や敷金などもオーナーではなく管理会社に入ります。サブリース契約をする場合は、トータルの収益を計算してから決めることが大事です。周辺のマンションをリサーチして比較的空室が多い場合は、安定した家賃収入のために契約を結びます。また家賃保証だけでなく、マンションの管理もしてくれるのでオーナーが何もしなくても建物の補修や共用部分の清掃もしてもらえます。オーナーが他に仕事を持っていて、副業としてマンション経営をする時には便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加