投資マンションを高値で売却する法則を探れ

少額から不動産投資

PC操作

手軽に賃貸経営ができる

賃貸経営は株式や外貨取引と比べると初期費用が大きくなりやすいです。しかし複数の人達で一つのマンションやアパートに出資してみんなで大家さんになる事で少額からでも賃貸経営に参加する事ができます。多くの資本を持たない人がマンションやアパートの経営をする場合は高額なローンを組む事になりますが、みんなで大家さんで出資した場合は出資額が少なくなるために必要なくなるので金銭的なリスクを軽減できるメリットがあります。さらに管理業務は出資者した人達で行う必要はなく、営業者が行ってくれるので管理業務を行う負担はありません。また優先劣後の仕組みによって損失が出ても元本がある程度まで守られる仕組みになっているのでリスクが少ない不動産投資と言えます。

改築と元本保証

一人の賃貸経営者が一つの物件を購入して賃貸経営をする場合と違ってその物件の増改築などは一人の判断で勝手に行う事はありません。その他の重要な決定に関しても出資者は自分一人ではないので、自分一人の判断で重要な事項を決定する事はできません。出資金は優先出資と劣後出資に分けられていて優先出資が一般の出資者が出した資金で劣後出資は営業者が出した資金です。元本に損失が出たとしても劣後出資の範囲内であれば営業者がそれを負担してそのほかの出資者の元本は守られます。みんなで大家さんではなく、通常の賃貸契約の場合はこのような保証はないので損失が一定額までなら営業者側に保証してもらえるのはみんなで大家さんの大きなメリットです。

このエントリーをはてなブックマークに追加